読売新聞 2009.2.13(日)
日曜求人「オンの才人オフの達人」

興味が世界を切り開く」
熊川哲也(バレエダンサー)

からの言葉;

好きなことを仕事にできれば幸せですが、皆ができることではない。生きる手段と、自分を豊かにしてくれる趣味の世界との2つを持ってもいい。好きなことを続けられる道は必ずあるはずです。


さすが、バレエを長年教えてきた人の言葉だなぁ。