12/24 の小学生向けプログラミング教室「るびつく」ビジュアルマスターコース(三鷹)は、
micro:bitのマイク(音量)センサーを使って、ロボットカーmicro:Maqueen を動かしていきます。

音量1


micro:bit v2 から音量センサーとスピーカーが追加になって、音で遊びやすくなりました。
この音量センサーを使ってロボットカーを動かしていきます。

時期的に声を出す訳にいかないので、拍手の音を調べてもらいました。

音量1b

静かなときと、拍手したとき。ちゃんと、拍手の音量も捉えていますね。


拍手すると走っているロボットカーを止めるようプログラムを作ってもらいました。

音量2

音量の基準は、各自の拍手してもらって決めてもらいます。
これは割と簡単だったかな。


次は、グルグル回っているロボットカーを拍手の音の間だけ直進するようにして、拍手で操縦できるようしてもらいました。



今回の発展課題は、拍手で発信、拍手で停止です。
これはちょっと難しい。走行中かどうかをフラグ(変数)で区別する必要があります。

さらにフラグを切り替える方法。
0⇄1で切り替えるやり方をホワイトボードで説明したけど、分かってくれたかな?
音量4a_2


音量4a_console


とはいえ、クリスマスイブに全員参加してくれて、ありがたい限りです。