11/19 の小学生向けプログラミング教室「るびつく」ビジュアルマスターコース(三鷹)は、
micro:bitで動かすロボットカー micro:MaqueenをiPadで操縦して、サッカー大会に再チャレンジです。

IMG_0858b

前回、iPadとのBlutoothペアリングが切れまくって、なかなかリモコン操縦まで行けなかったのを反省材料に、今回はプログラムもiPadアプリで作ることにしました。

万全の体制で臨んだはずなのに、当日 MakeCodeに機能拡張MaqueenとBluetoothが同時には追加できなくなっていました❗️なんてこと‼️
iPadのmicro:bitアプリでも、PCのChromeブラウザでもダメです。ぼーぜん

先週作ったプログラムは動くことが分かり、急遽 PCにUSBメモリでサンプルプログラムを配布するという手段でなんとか活動が開始できたのでした。
(後で分かったのですが、Maqueen機能拡張 ptx-maqueenが2日前にバージョンアップして 1.7.0になったのが原因のようです。なんてこと) 


前回は、PC上のMakeCodeでプログラムを作るとBluetoothペアリングが切れていた問題ですが、これについても対応策を調べておきました。

ChromeブラウザのMakeCodeで、
右上の歯車アイコン
>プロジェクトの設定
>No Pairing Required: Anyone can connect via Bluetooth. を選択する

というものです。
これ、案外よかったみたいです。

で、こちらがあっちこっち走り回っている間に、続々とリモコン操縦できたMaqueenが!
ボールを押しやすいように、厚紙で工作を始める子も。

で、いつの間にかサッカー大会から、ロボットカーによる押し相撲大会に!
(フィールドも自作してました) 


盛り上がり過ぎて、時間過ぎて保護者が迎えにきても、みんな止めない止めない

その様子がこちらです ↓