10/22 の小学生向けプログラミング教室「るびつく」ビジュアルマスターコース(三鷹)は、
前回から引き続き micro:bitで動かすロボットカー micro:Maqueenです。

今回は、赤外線リモコンを使ってロボットカーを操縦します!

使った赤外線リモコンは、micro:Maqueenで読み取れると情報のあった秋月電子の「オプトサプライ赤外線リモコン OE13KIR」です。
 赤外線リモコン_秋月_写真

(出力信号形式がNECフォーマット準拠にものです。ダイソーの「リモコンライト」や、家にあったDVDプレーヤーのリモコンでも動きました。)


まずは、赤外線リモコンの信号をMaqueenで受信して、信号を解読します。
MakeCodeで次のようなプログラムを作成し、赤外線リモコンの信号を受信したときの値を調べます。

赤外線リモコン_秋月1

なお、micro:Maqueenの拡張機能をあらかじめ入れておく必要があります。
赤外線リモコンのプログラムブロックは micro:bitのバージョンが V2 では「V2」を使う必要があるようです。


赤外線リモコン_秋月1_b


調べたところ、ボタンとキーの値の組み合わせは、以下のようになりました。

ボタン キーの値
216
A 248
B 120
C 88
↖︎ 177
160
↗︎ 33
16
32
128
↙︎ 17

↘︎ 129


あとは、それぞれのキーの値を受信したら前進、後退などのモーターの動きと結びつけます。

赤外線リモコン_A2

ちなみに、「IRコードを受信したとき」ブロックの「message」は、「赤外線リモコンのキーの値(V2)」と同じものが入るようです。

IMG_0814b


赤外線リモコンの解読、ボタンとモーターの割り付けは、全部自分でやってもらいました。
それでも、みんな解読して、ロボットカーを操縦するところまでいけました!素晴らしい