8/20 の小学生向けプログラミング教室「るびつく」ビジュアルマスターコース(三鷹)は、
micro:bitでいろいろな工作に挑戦しました。

なんか、毎回少しずつメンバーが増えてきて嬉しいです。 

さて、いきなり自由に工作って言われても困るかなと思い、こちらで例として紹介したのが以下のもの;

  • マリオジャンプベルト
  • ジャンプすると効果音が鳴る:加速度センサー
  •  歩数計
  • 「ゆさぶられたとき」や「加速度の絶対値」で
  • ひっくり返すタイマー
  • 上下逆さまにするとスタート、時間で音が鳴る
  • バースデーボックス
  • 開けるとLED表示と音が鳴る:明るさセンサー
  • ひきだしアラーム
  • 開けるとLED表示と音が鳴る:明るさセンサー
  • 目を覚ます箱
  • 開けると寝ている顔から目を覚ます:傾きセンサー
  • 宝箱アラーム
  • 開くとLED表示と音が鳴る:傾きセンサー
  • エレキギター
  • 傾き、加速度で音程が変わる
  • サウンド振り子
  • 加速度で音程が変わる
  • じゃんけん対戦
  • 2台の無線でじゃんけんの判定

  • 接触アプリ
    2台の無線で通信
  • 忘れものアラーム
  • 2台の無線の距離で音が鳴る

各自、この中からでもいいし、自分で考えたものでもいいので好きなものを作ってもらいました。ひとりでどれくらいプログラム作れるのか興味あったので、今回は敢えてプログラム例とかも配りません。

みんなそれぞれテーマを決めて取り組んでくれました。作るものが違うので、対応するこちらは大変でしたが (写真撮るの忘れた


時間いっぱいでなんとか、動くものができたようです。
今回は、初めてミニ発表会を開いて、各自作ったものを発表してもらいました。その様子は動画に撮って、後日家族の人だけの限定公開で観れるようにしました。
家族の人、観てくれたかな